光脱毛で皮膚がんにならない?

MENU

光脱毛で皮膚がんにならない?

松本ミュゼ

エステサロンでよく行われている光脱毛は、皮膚がんのリスクが高まるのではないか、と心配する人も少なくありません。ムダ毛のないツルツルの肌になっても、病気になってしまっては元も子もありません。そんな噂を耳にしたら、気になって当然でしょう。しかし、そんな心配はまず無用です。皮膚がんの主な原因は紫外線であり、光レーザーに含まれているのは赤外線です。赤外線でがんのリスクが高まるなら、赤外線ヒーターも使えないことになります。皮膚がんのリスクだけが気になって脱毛を躊躇っているのなら、気にせずに施術を決断しましょう。

 

但し、間接的に施術を受けることでがんのリスクが高まる可能性はゼロではありません。皮膚がんは、先述の通り紫外線が主な原因ですが、ムダ毛は紫外線をブロックする役割も多少は果たしています。ムダ毛がなくなれば紫外線がまともに皮膚に当たりますので、より影響を受けやすくなる、ということは言えるでしょう。光脱毛をした後は、それまで以上に日焼け対策をしっかりしなければなりません。ムダ毛がなくなると、肌を見せたくなるでしょうから、余計に対策が必要でしょう。

 

施術中も、肌が敏感になりますので、紫外線の影響を受けやすくなります。サロンでも指導されますが、施術後のUVケアは怠ってはいけません。もう1つ気を付けたいのは、ホクロや痣など、ほかの皮膚の部分よりも濃い場所に光レーザーを照射すると、皮膚がんに進行する可能性がゼロとは言えない、という考えがあります。エステサロンに関わらず、レーザーを使った脱毛では、ホクロや痣はもちろんのこと、日焼けをしている部分にも施術はしない、というのが基本的なルールです。このルールを守っているサロンであれば、心配はありません。ホクロや痣にはレーザーが当たらないよう、保護シールを貼るのが普通です。こうした準備を怠るようなサロンは選ばないほうが良いでしょう。光脱毛は驚くほどの低価格で行っているサロンもありますが、教育やルールが徹底されている、名の知れた一流のサロンで受けるほうが安心です。