家庭用脱毛器を選ぶ際のポイントの一つランニングコスト

MENU

家庭用脱毛器を選ぶ際のポイントの一つランニングコスト

ミュゼ松本店舗

自己処理を続けているとお肌に負担をかけてしまう可能性があります。自己処理ではムダ毛を薄く目立たなくしていくことはできないので、お肌のコンディションを悪くするデメリットだけが大きくなっていくでしょう。脱毛して美しいお肌を保ちたい場合、プロの施術を受けるのが最も効率的です。しかし時間的、経済的な都合でなかなかプロに脱毛してもらう機会を持てない方もいるでしょう。そのような人は、家庭用脱毛器を使って自分で脱毛にチャレンジしてみることをおすすめします。

 

家庭用脱毛器というとあまり効果を実感できないだろうと考えている人も多いと思いますが、エステサロンのフラッシュ脱毛やクリニックのレーザー脱毛の方法を取り入れた家庭用製品を使えば自分で脱毛していくことは不可能ではありません。ただ、家庭用脱毛器の欠点として出力が低い点が挙げられます。そのため、家庭用製品だけで脱毛効果を得るには、プロの施術に比べて長い期間と多くの回数を要することになるでしょう。プロの施術では少ない回数で効果を得られる部位も、家庭用脱毛器の場合は長期間使用する必要が出てくるケースもあります。

 

家庭用脱毛器は基本的に本体を購入するだけですぐに脱毛を開始できますが、長期間使っていく場合はランニングコストも考慮した方が良いでしょう。現在主流の家庭用脱毛器はフラッシュ脱毛式の製品になります。家庭用フラッシュ脱毛器はカートリッジを定期的に購入して交換する必要があり、値段と照射できる回数は各商品によって異なります。そのため、購入前に比較サイト等を参考にしながら最もコスパに優れた製品を探してみることをおすすめします。

 

家庭用レーザー脱毛器はバッテリーが寿命になるまでは特にランニングコストはかかりません。バッテリーが寿命になった場合はカートリッジよりも費用がかかりますが、通常2~3年は持つのでそれほど負担にはならないでしょう。ただしレーザー脱毛式は出力が高い分痛みが強いのが難点なので、痛みが不安な場合はフラッシュ脱毛式の製品の購入を検討することをおすすめします。